アートプロジェクト

アートとダンス、英国手話から何を創りだすことができるだろうか?

版画、デジタル、写真など広範囲にわたるメディアを用いた、視覚的アートプロジェクトをおこなっている。

下記のプロジェクトの他に、Pedro Alvarezの俳句プロジェクト(2003-)、Margaret Ashman の版画プロジェクト (2008 – )にも携わる。

  • サウンドムーブ

    この作品は、振付家、南村千里とアニメーター、デーヴ・パーカー、デジタルサウンドアーティスト、ウェスレー・ゴートリーによるインタラクティブなダンスインスタレーションデザインである。 1週間のラボがおこなわれ、多様な「からだ」から生み出された動きと音を視覚的アニメーション化した新しいクリエイティブな芸術作品である。 このプロジェクトは、2013年に行われたショートサーキットで出会った南村千里とデーヴ・パーカーによって創られた「ホワイトノイズ」と呼ばれる映像作品から発展させたものである。 振付家: 南村千里 デジタルアーティスト: デーヴ・パーカー、ウェスレー・ゴートリー 撮影: ダニー・ウェインスティン パフォーマー: キャット・ボール、ローラ・ダジャオ、ダン・エッジ、ハナ・シンプソン、アンディ・トラスト プロデューサー: サラ・ピクセル 上演: 2015年7月 スプリングデジフェスティバル @ キャピトルシアター、ほーシャム 2015年9月 ブライトンデジタルフェスティバル @ ライトハウス、ブライトン 2015年9月 @ 象の鼻テラス、神奈川
  • Chisato's App

    南村千里アプリ

    南村千里アプリは、数的/表記的楽譜を研究し、それを表現化したものを、舞台で観るのとは異なる方法で、パフォーマンスと楽譜との相互作用を、観客がスマートフォンやタブレットアプリを通して理解できるよう、新メディアアーティストであるピーター パブメントとともに制作したものである。 2014年6月に、コベントリー大学での研究開発レジデンスとしておこなわれた。 振付家:                南村千里 新メディアアーティスト:      ピーター ペイブメント クリエイティブプロデューサー: サラ ピクトホール パフォーマー:           クリスティナ アレイン、ナタン グッドマン、パトリシア サフラ
  • Short Circuit

    ショートサーキット

    D x D 南村千里の数的/表記的楽譜は、スペースにおける身体と動きも計算されている。 D x Dは、動きの「シャドウ」をキネクトソフトを用いて表現した、アニメーター、Sheep FilmsのDave Packerとのコラボレーション試作。 上演: 2013年9月 ブライトンデジタルフェスティバル @ ライトハウス ホワイトノイズ ショートサーキットウィークエンド で、Daveと南村千里は、ダンスムーブメントとアニメーションとのコラボを、乗数効果を用いて模索し始める。 それは音楽に反するノイズの視覚化となった。 上演: 2013年6月 ショートサーキットウィークエンド @ ライトハウス