Graeae Theatre Company. "The Limbless Knight"

ホーム

ダンスアーティスト/芸術解説者

南村千里の振付作品は、きこえない視点からの視覚的音/音楽という、他にはない独創的なものに取り組んでいる。
その制作は、南村千里の素朴な疑問から始まった。
「きこえない立場から捉えた視覚的音/音楽とは何か?」

聴覚的音楽を用いず、数的/表記的楽譜をダンスに取り込み、視覚的音を創り上げている。

+ + + + + + + + + + + + + + + + + + + + + + + + + + + + + + + + + + +

Scored in Silence – a new work for 2018

Scored in Silence (2018)は、1945年に広島と長崎に落とされた原爆の、その時とその後を生きた、きこえない被爆者たちの知られざる歴史を、パフォーマンス化し、美術館やギャラリーのようなスペースでおこなう新しいデジタルアート作品である。

ブライトン・デジタル・フェスティバル2018、マンチェスター・サイエンス・フェスティバル2018で上演。